シルデナフィルの副作用死の事例

シルデナフィルはED治療薬として知られている、バイアグラのジェネリック医薬品に当たります。
EDの原因とも言われているPDE5という物質を阻害することで、血液の循環を良くして海綿体へ十分な血液が流れ込むようになり、スムーズに勃起が促されて長時間持続させる働きがあります。

ジェネリック医薬品ですが効果効能や主成分はバイアグラと同様で、同じ効き目を期待することができます。

重い副作用はあまりなく、軽いものとして多いのが頭痛とほてりです。
これは薬の血管拡張作用によるものなので、2、3時間ほど経過すれば収まってきます。

しかし、薬の併用禁忌を守らなかったり、用法用量を守らずに服用した場合には、甚大な副作用が出ることもあります。
海外の事例として、硝酸薬と併用してしまって血圧が下がり、重篤な状態になってしまったという症例があります。

シルデナフィルを服用する際には、必ず用法用量を守って服用するというのが大切です。
性行為を行なう1時間ほど前に1錠服用し、使用は1日1回に限ります。
また、服用間隔は24時間以上開けるというのが大切です。

何か異常があった場合には直ちに服用を中止して、病院で医師の診断を仰ぐようにしましょう。

シルデナフィル処方は病院で

シルデナフィルとは、勃起不全や肺動脈性肺高血圧症の治療薬になります。
肺動脈性肺高血圧症の治療薬としては、レバチオと呼ばれています。
また、勃起不全の治療薬としては、バイアグラと同じ成分で、簡単に言うと勃起の手助けをするお薬です。
投与は、クエン酸塩の経口にて行われます。
作用は、陰茎の海綿体平滑筋の緊張を緩めて、血流をよくします。
それにより、勃起に導きます。
高い有効性と安全性をもつ治療薬になります。
もともとは狭心症の治療薬として、研究や開発が始まりました。
しかし、陰茎の勃起を促進する効果の方に作用があった為、適応症として発売されることになりました。
1998年にファイザー社から発売された医療品なのですが、成分の特許が切れてしまった為、他の製薬会社が後発薬が出ました。
なので現在は、ジェネリック医薬品として病院で処方されています。
ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ有効成分で作られていて、薬事法に基づく基準や規制を通過した薬のことです。
効き目や安全性が新薬と同じものと認められています。
ジェネリック医薬品を処方してもらいたい場合は、病院の先生にご相談してください。
また、副作用等もありますので用法、容量を守って飲みましょう。