薬の副作用死と併用薬

さて、先の記事でもお話しましたが、シルデナフィルには副作用での死亡事例があります。
こういう話ばかり聞いていると、バイアグラがとても恐ろしい薬に思えてきて、ムスコまで萎えてきます。
しかしそれは正しい認識ではないので、別の観点から色んな可能性の話をしていきたいと思います。
皆さんは糖尿病をご存知ですよね?ざっくり言うと、血液中に糖分が余る病気です。
糖尿病の治療では、よく利尿剤が使われます。利尿剤は、糖尿病ではおしっこをたくさん出して、血液の中に余っている腐りかけた糖分をおしっこと一緒に体から出してしまうために使われます。この利尿剤がくせものです。

なんだ、おしっこが増えるだけか!そう思われましたか?なんと、この利尿剤でも死亡事故が起こっているんですよ。

最近開発された新薬、「SGLT2阻害薬」という薬があるのですが、これは腎臓を休ませて、体内の糖分をおしっこで出してくれます。これを利尿剤を併用した人が、なんと極度の低血糖に陥って、死んでしまったというのです。
今まではじゅうとくな副作用などはほぼなく使われていた利尿剤も、新薬との組み合わせによっては重大事故になりうるんです。
EDの薬だから慎重になるのではなく、このサイトを見てくださっている方には、個人輸入の情報収集などで培ったスキルがあるわけですから、こういった危険な情報をどんどん自分で調べていくようにしていかないといけません。