添付文書の注意を守らない薬の服用

薬を服用する場合、使用上の注意や使用法が書かれた文書が添付されていることがあります。
このような注意は、医療機関で薬を購入した場合には医師や薬剤師から説明を受けることが出来ますが、個人的に輸入をして購入をした場合には、そのような説明を受けることが出来ませんので、自身で注意する必要があります。

購入前には、薬の服用方法などを確認するということはもちろんですが、手元に薬が届いたら添付文書の注意をしっかりと確認するということが大切になります。
もし、この注意を守らないで服用した場合には、症状が悪化してしまったり、副作用などの事故が起こりやすくなります。
特に、複数の医薬品を服用しているという場合には、それぞれに影響をおよぼす場合がありますので注意が必要です。

基本的に添付文書は医師や薬剤師などの専門知識を持つ人が読むということを前提に作られています。
ですから、理解することが難しい用語などがある場合があります。
服用をする上で分からないことがあった場合には必ず確認してから服用するようにしましょう。

もし、薬を服用して体調に何らかの変化が遭ったという場合には、すぐに服用を中止し、医療機関を受診するということが大切になります。